テレワークとは? テレワークとは?

テレワークとは、「ICT(情報通信技術)を活用し、
時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」
です。

インターネットなどのICTを利用することで、本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をすることができます。
時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であることから、子育て、介護と仕事の両立手段となるとともに、
ワーク・ライフ・バランスに資することができ、多様な人材の能力発揮が可能となります。

テレワークのメリット テレワークのメリット

MERIT01

生産性・効率性の向上

テレワークの働き方には「在宅勤務」「サテライトオフィス」「モバイルワーク」という形態があります。
在宅勤務やサテライトオフィスの場合、自宅や社外の専用スペースが作業場になります。
そのため、社内業務中に発生していた予定外の打ち合わせや会議、顧客の訪問などで業務を中断されることがありません。
その結果、社員はより一層業務に集中できます。そうなれば業務の効率化・生産性の向上が期待できます。
また、テレワークでは基本的にはオフィスに出社する必要がありません。
社員は満員電車などに揺られて出勤する必要がなく、通勤時の疲労や心身の負荷が軽減されます。

MERIT02

コスト削減

テレワークでは、コスト削減効果が見込めます。まず社員が出社しなくて良いので、通勤定期代などの交通費を減らせます。会社のオフィススペースの削減にもつながるでしょう。出社する社員が減ることで個々の執務スペースを設けなくて済むからです。テレワーク利用者に定期的な出社を課している場合でもフリーアドレス制にしておけば、オフィスを効率的に利用できます。
さらに、業務で必要な資料や書類を電子ファイル化し、社外からでもアクセスできるようにすれば、紙書類の保管スペースや印刷コストも削減できます。また、3つあるテレワークの形態をうまく活用することで、導入企業によっては支店の廃止や縮小といったコストダウンも期待できるでしょう。

MERIT03

離職防止と人材確保

育児に携わる社員の場合、仕事と育児で心身の負担が大きく、両立できずに仕事をあきらめてしまう人も少なくありません。こうした人に対してテレワークは有効です。例えば、週1~2日の子どもを保育園に預けた後の在宅勤務と短時間勤務を併用して実施すれば、社員の負担はかなり緩和されます。
これは介護が必要な家族がいる社員も場合でも同様です。介護の場合、食事の世話など1日の内で決まったタイミングで介護に時間を割かなければいけないのが一般的です。そうした社員にテレワークと時短勤務の制度を適用すれば、介護の時間が確保でき、離職を防止できます。

MERIT04

事業継続性の確保

自然災害や感染症の流行などが起きた場合、テレワークを導入しておけば在宅勤務やモバイルワークを活用し、事業を継続できます。例えば、自然災害が発生したケースでは、出勤することなく自宅での業務が可能なため、事業での損害を最小限に抑えられます。感染症が流行したときには、他人との接触を防ぎ、感染の拡大を抑られます。
また、テレワークで情報共有ができるICT環境を構築しておけば、災害時や感染症の流行時であっても、社員同士での迅速な情報伝達や共有が可能です。
非常時にテレワークを活用するためには平常時からテレワークを運用していることが大切です。日常でテレワークを積極的に行って慣れておけば、いざというときでもスムーズに移行ができるでしょう。

HeartLanguageのテレワーク導入支援の特徴 HeartLanguageのテレワーク導入支援の特徴

目的に合わせたソリューションのご提案 就業規則や各種規定の見直しもおまかせ 導入後の保守サポートも完備

お気軽にお問い合わせください。

お客様に最適な、テレワークソリューション、導入方式、費用等をご提案します。

テレワーク導入の流れ テレワーク導入の流れ

まずはお気軽にご相談ください

ヒアリング

テレワークに置き換えたい業務やお客様のネットワーク環境など、社内環境のヒアリングを行い課題を洗い出します。

ご提案

ヒアリング内容を元にお客様に最適な、テレワークソリューション、導入方式、費用等をご提案します。

導入・テスト

ソリューションの選定が完了したら、環境構築、各種設定を実施し、問題なく業務が行えるかテストを行います。

保守サポート

導入したソリューションの保守サポートをいたします。

よくある質問 よくある質問

  • Q.1

    小売業等の顧客との対面業務が多い業種であっても、テレワークを導入できますか?

    A.1

    小売業等であっても、商品の紹介のためのチラシ作成、店内の商品陳列のレイアウト作成等、PCを使った業務があります。まず、現状の業務を洗い出した上、業務を整理し、個々の業務について「どうすればテレワークが可能になるか」をご提案いたします。

  • Q.2

    在宅でのテレワークは、従業員の生産性が下がるのではないですか?

    A.2

    テレワーク実施企業に対する調査では、ほとんどの企業で、従業員の生産性が高くなっていることが分かっています。その理由として、在宅では集中して業務できるという意見もあります。

  • Q.3

    テレワークの場合、社外でのセキュリティは大丈夫ですか?

    A.3

    ルールによるセキュリティ対策に加え、物理的・技術的の側面から総合的にセキュリティ対策を行うことで、より安全にテレワークを実施することができます。

お気軽にお問い合わせください。

お客様に最適な、テレワークソリューション、導入方式、費用等をご提案します。